感染症の海外ニュースと解説
外食調理が介在する
新型コロナウィルス(COVID-19)の経口感染ルート
2020/03/04
中国に次いで日本が新型コロナウィルス(COVID-19)汚染国の
準主役となったのは、ダイヤモンド・プリンセス号での感染者量産。
日本は公衆衛生の先進国と思われていただけに、
防疫体制の脆弱さと後進性を世界に暴露したことは非常に残念です。
 


1. ダイヤモンド・プリンセス号では制御不能だったCOVID-19
2. アメリカがCOVID-19急増の原因を説明してくれたわけ。
3. 横浜港の船上軟禁から帰国した患者は35歳の青年
4. 香港大学のジョン・ニコル(John Nicholls)病原学診療教授
5. 米国ノースカロライナ大学国際公衆衛生学部のコメント
6. 調理人が介在する経口感染ルートとは
7. DP現場が振り回されたRT-PCR検査精度のバラツキ

DP:ダイヤモンド・プリンセス号
「スペイン風邪の亡霊?免疫不全が恐ろしい武漢新型コロナウィルス」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=674
 
次回取材予告:安全性を確保できるワクチン開発)
ワクチン開発はエボラなどゲリラ戦に苦戦しているケースも
いくつかありますが、これまで人類は微生物との戦いに連戦連勝
COVID-19もワクチン開発につながるT細胞エピトープ(epitope)など
バイオマーカーの特定や補強剤のアジュバント(Adjuvant)開発が進んでいます
ワクチンが安全性、有効性、簡便性の要件を満たすには時間が必要ですが
世界経済を破壊しかねない微生物の駆除は必ず成功します。
 
1. ダイヤモンド・プリンセス号で制御不能だったCOVID-19
汚染国の主役の一人となり、その汚名を着せられて1か月以上経過しましたが、
これまで、どうしても理解できなかったのは横浜港に停泊中の
ダイヤモンド・プリンセス号でCOVID-19感染者が
短期間で急増していること。
異常としか言いようがありません。
狭い船内での集団感染事件ですから、サーズ事件の時のように経口感染を
疑ってみましたが、伝統に忠実な医療当事者は無視しているようでした。
 
防護服、ゴーグル、手袋、ウィルスを通さない高性能マスクに
護られた関係者や、外部接触がほとんど無い船内の
厚生労働省事務員までが新型コロナウィルスに感染している事態。
検疫担当官や各種サービス担当者が感染するのは、まだ理解できますが
感染経路が「濃厚接触感染」「飛沫感染」「エアロゾル感染」に
絞られるならば、感染が爆発的にひろがる実態は理解できませんでした。
 
答えを出してくれたのは2月末から3月初めのニューヨーク発情報。
 
2. アメリカがCOVID-19急増の原因を説明してくれたわけ。
それは停泊中のダイヤモンド・プリンセス号が化学実験で使用する
微生物培養のシャーレ(ペトリ皿)状態になっていることを嫌った
米国政府が自国民を帰国させて、アメリカで診療を始めたからです。
 
その診療報告では「新規格(novel)のコロナウィルスCOVID-19は感染経路に
糞便(the feces)を原因とする経口感染ルートがある」ことを
説明しています。
アメリカの病院は帰国した患者の*直腸内より新型コロナウィルスCOVID-19を
検出し、600名以上もの感染者を出したダイヤモンド・プリンセス号の船内での
急拡散が飛沫感染ばかりでなく経口感染でもあったことを発見しました。
* live virus particles in stool specimens
 
3. 横浜港の船上軟禁から帰国した患者は35歳の青年
帰国した青年はワシントン州シアトル北部の*大きな病院に入院していますが
ワシントン州保健局の*感染症疫学者スコット・リンギスト博士(Scott Lindquist)は
青年の大腸からウィルスが検出されたことを報告しています。
* the Providence Regional Medical Center Everett
 
この件に関し*ミネソタ大学のファン・リ(Fang Li)助教授は、
サーズとCOVID-19は同様形状のスパイク・タンパク質を持っており、
人体では双方ともに肺と小腸細胞の受容体を経由して侵入できることを
説明しています。
*Veterinary and biomedical sciences at the University of Minnesota.
 
4. 香港大学のジョン・ニコル(John Nicholls)病原学診療教授
1か月前にノギボタニカルのHPではサーズウィルス(SARS)の流行時に
ウィルス解析に携わった香港大学の
ジョン・ニコル(John Nicholls)病原学診療教授の報告に基づいた
「下痢(diarrhea)感染ルート説」に注目。
(可能性あり)と注釈を入れながらも「調理人が介在する
料理などからの経口感染」の危険性を訴えていました。
下痢症状はサーズ、マーズに特徴的でしたが、特にマーズの流行時は
下痢による感染を複数の研究者が問題にしていました。
 
ジョン・ニコル教授は中国伝統の便所(Squat latrines)は外気に触れており、
使用後に手洗いも石鹸で洗わない人が多いために、ウィルスの移転が容易な環境。
2003年のサーズ流行時の*アモイガーデン集団感染事件は下痢を引き起こした
サーズウィルス感染者から飛び出した臭気が*エアロゾル状のウィルス集団となり
集団感染の原因となったと報告しています。
*Amoy Gardens housing complex
*A virus-laden aerosol plume emanating
 
5. 米国ノースカロライナ大学国際公衆衛生学部のコメント
同じく、米国ノースカロライナ大学*国際公衆衛生学部の
ラルフ・バリック(Ralph Baric)微生物学、免疫学教授は数十年にわたり
コロナウィルス類を研究していますが、
ワシントン州保健局の報告を受けて、「多くの新型のコロナウィルスは、いわゆる肺胃ウィルス(pneumoenteric viruses)と呼ばれる、*呼吸器官道と胃腸臓器システムの双方で
コピーを作ることが可能なウィルスである」と述べています。
* the Gillings School of Global Public Health at the University of North Carolina
 at Chapel Hill
* the respiratory tract and the gastrointestinal system
  
6. 調理人が介在する経口感染ルートとは
最大のCOVID-19汚染場所は洗面所(ウォシュルームまたはトイレット)ですが、
それ以上に危険なのは外食、中食の調理人が調理や食器で
拡散するウィルスです。
外食のお刺身は厳禁ですが、サラダなども含めて加熱しない料理はとても危険です。
船内では、古くから衛生状態の悪い環境での中国料理法である爆(bao)に
注目すべきでした。
*中国には炒め方、揚げ方にいろいろな調理法がありますが、爆(bao)は最も高温。
美味しいからというより危険地域での感染症対策とも言われます。
これまでの武漢ウィルス対策はインフルエンザと同様で、
帰宅後の体の消毒(鞄など持ち物も)、医療機関、交通機関、映画館、イベント
飲食店、カラオケなどの混雑を避けることで良かったと思いますが、
病原体タイプが全く異なるノロウィルスと同様な対応も必要となると思います。
 
「新型劇症肺炎コロナウィルスが引き金となる遺伝子変異」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=669
「武漢新型肺炎に使用する抗エイズ・ウィルス化学療法剤は
重篤な副作用覚悟の劇薬」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=672
 
7. DP現場が振り回されたRT-PCR検査精度のバラツキ
現在の*RT-PCR検査では再検査で陰性、陽性が逆転するケースが
少なくありません。
検査精度が(少なくとも日本では)公表、通知されていないことから
精度が信頼できないのではと疑問を持った方が多いとおもいますが、
中国では1ヶ月間のRT-PCR検査精度確認実験調査が行われていました。
比較されたのは胸部CT検査。
実験結果は2020年2月26日に公表されましたが、実験場所は
中国武漢市の武漢同済病院。
1月6日から1か月間、COVID-19の疑いのある患者1,014人に
RT-PCR検査と胸部CT検査を同時に実施。
 
RT-PCR検査では601人(59%)が陽性でしたが、同じ対象の胸部CTでは
888人(88%)が陽性でした。
またRT-PCR検査で陰性だった413人の75%(308人)が胸部CT検査では陽性でした。
胸部CTのCOVID-19検出精度は97%となり、その違いは明白です。
 
*RT-PCR(逆転写ポリメラーゼ連鎖反応)
 RTは逆転写酵素(reverse transcriptase)
 PCRはポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction)

(広告)

https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=28
レスベはフランス産の天然赤ブドウを原料に日本で初めて作られた
ブドウ・レスベラトロール・サプリメント.
最初のモデルの開発を始めてからすでに20年を超えました。
レスべのブドウ・レスベラトロールはイタドリ由来のものや、医薬品目的に
化学合成された合成レスベラトロールとは全く異なる物質。
天然レスベは過剰摂取が不要ですから長期間摂取の安全性や慢性炎症を抑制する効能は
ブドウを食するのと同じです
ニューモデルは天然の赤ブドウが持つトランス型ブドウポリフェノールのスチルベノイドと
プテロスチルベン、ケルセチン、CoQ10、
最新の長寿補酵素ナイアシン(NAM,NAD+, NMNなどの総称)を配合し、
天然ブドウ同様の卓越した抗酸化能力を保持しています.
世界でホットな話題となっている、最も先端的な健康長寿のコンビネーションです.


朝のすこやかな目覚めは病気知らずの健康のもと。「目覚めすっきりアサイーナ」
発売15周年記念のレスベが値下げ.
親戚といえるアサイーもリニューアルし実質的な大幅値下げ.
2ヶ月分が会員価格で1899円(税込).
大型のカプセルを使用し1カプセルで500㎎のアサイーとなりました.
「ブドウ・レスベラトロールが関わる窒素合成と
サイクリックジーエムピー(GMP)の産生」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=66
エネルギー源となるエーティーピー(ATP:アデノシン三リン酸)とは
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=147
「バルクワインの重金属汚染と無添加ワインのからくり」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=448
「ヒジキなどの食品ヒ素に肺がんリスク:国立がん研究センター」
ヒジキは必ずしも健康食品ではありません
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=123


https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=36

https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=1011

歴史が浅いバイアグラは化学合成物質ですから長期間服用の安全性は不明ですが、
その機能は窒素合成阻害酵素の阻害機能。
シトルリンが窒素合成の素材として機能し、レスべが窒素合成酵素を作り出す
機能と切り口は異なりますが、中枢神経を興奮させる媚薬、催淫剤と
一線を引く点では同じです。
バイアグラ、マカや朝鮮ニンジンなど植物のアルカロイドを催淫剤として過剰摂取となる方が増え
前立腺がん、機能不全(ED)、腎不全などの原因を疑われています。
シトルリンはレスベと相乗させれば少量で十分ですから過剰摂取を控えましょう。
ブドウ・レスベラトロールが関わる窒素合成とサイクリック・ジーエムピー(GMP)の産生


シトルリンとレスべの超お買い得セット.
もちろん個別でもお買い求めいただけます.


「ブドウ・レスベラトロールは体細胞内でガン阻害物質に変化する」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=196

レスヴィーヌ・ルージュ:ギリシャ時代から愛用されてきたブドウ古樹の葉.
有機栽培された農薬フリーのブドウ葉
レスベの補完に最適.フランスでは漢方薬同様に薬局で売られています.
「煎じるブドウ・レスべラトロールで長寿と美容へ最短距離」
JAS認定有機食品.東京都特別推奨食品のケール100%.
安全な天然カルシウム豊富な特殊土壌で栽培.
各種天然ビタミン、ミネラル、アミノ酸が最も豊富な野菜のケール100%で作られた
天然マルチ栄養素・サプリメント.他野菜の混入なしに飲みやすい美味しさを持っています
賦形剤は一切使用していません。
http://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=53



「サメの肝油とスクアレン/スクワレン(Squalene)とは」

サメの肝油が含有する成分の強力な免疫力強化作用は、食品の中では最大とも言われており
1900年代より、その秘密を解明する研究が続けられた結果、免疫に不可欠な白血球の増加に働く
アルコキシグリセロール(alkoxyglycerols)を発見しました。
30粒から40粒に増量となりました
リッチスクワレンは汚染の進む太平洋産原料を避け、
希少なオセアニア近海産原料で安全性を確保しています.
 
 
↑ページの先頭に戻る


 本サイトが掲載する情報・画像等は、提携サイトの湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。
著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。
商業目的に記事を引用、転写する場合は、引用:一項30,000円、転写:50,000円となります。

Copyright NOGI-BOTANICAL All rights reserved. 
本サイトが掲載する情報・画像等は、広告主の湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。